『2019年版 電力役員録』発売中!


消費税率変更に伴い10月1日以降、書籍代・送料の消費税率10%に変更になります。詳細はお知らせ欄をご覧ください

※10月21日(月)は発送をお休みさせていただきます。23日(水)から順次発送をいたします。お客様にはご迷惑をお掛け致しますが、ご理解の程宜しくお願いいたします。

【冊子】探索!くらしの電気

価格: ¥264 (本体 ¥240)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

発 行: 2011年7月15日
サイズ: A4判
ページ数: 16ページ
監 修: NPO法人 体験型科学教育研究所
漫 画: 輪島 正裕

次世代向け科学マンガ冊子「なるほどサイエンスシリーズ」
今回は、「身の回りの電気についての入門編」といえる内容です。「限られた天然資源を燃料に発電している」「電気は多量に貯められない」などの基本的な事項を学びつつ、電気を大事に使うことを理解していくというストーリーです。全編をマンガとし、登場するキャラクターの会話を通して、電気の基礎知識を理解できる構成としました。またグラフやイラスト、用語集などを掲載して学習的要素を高めています。

内容は2話構成で、第1話「電気を大事に使おう」では、電化製品の歴史からはじまり、発電の種類、使われる燃料、電力使用量の推移や夏の1日の電力使用状況(ピーク時間)などを押さえつつ、電源ベストミックスの重要性に言及しました。
第2話「電気は貯められない」では、電気を安定的に送るためには、需要と供給のバランスが重要であり、また日本は停電時間が少なく、「電気の品質」も優れていることに触れるなど、電力会社の日々の努力を描きました。さらに省エネ製品の開発にも触れた上で、子どもたちに電気の消費者として節電を心がけることの重要性を説いています。

将来を担う子どもたちが電気を中心としたエネルギーについて考えるきっかけとなる一冊です。既刊「なるほどサイエンスシリーズ」と合わせ、是非ご一読ください。


目次
第1話 電気を大事に使おう
第2話 電気は貯められない?!
用語のおさらい

※この商品は、1冊のみのご購入の場合、お支払い方法の「コンビニ(番号端末式)・銀行ATM・ネットバンキング決済」はお選びいただけません。「請求書払い」または「クレジットカード決済」でのご精算をお願いします。

出版物の種類から探す

FAXバナー

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

QR

ページトップへ