【2023年9月以降送料改定】9月1日(金)ご注文(または予約)から、送料の改定がございます。発送元に支払う委託手数料の値上げに伴い、
1500gまでの料金が、610円(税込)から660円(税込)に価格の変更となります。
(主な対象商品は電力人事・電力役員録・縮刷版などです)
また新料金として、600gまでの料金を新設します。385円(税込・レターパックライト使用)
※送料には梱包料などが含まれております。
メール便など他の設定料金に変更はございません。ご理解のほど、宜しくお願いします。


【好評発売中】『電力人事2023年度秋季版(No.244)』

【好評発売中】『2023年版 電力役員録』

【冊子】原子力NEWSがわかる2021

価格: ¥330 (本体 ¥300)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

twitter

発行:2021年5月
サイズ:A4判
ページ数:カラー24ページ

この1年間の原子力関連ニュースを解説

 この約1年間(2020年5月~2021年3月)の電気新聞から、原子力関連の主なニュースをピックアップし、分かりやすく解説した1冊です。原子燃料サイクルを巡るトピックスをはじめ、新規制基準に基づく商業炉の審査・稼働状況、さらには高レベル放射性廃棄物処分や福島第一原子力発電所の廃炉など、多岐にわたるテーマを取り上げました。


 原子力発電を巡る国内情勢はこの1年も依然として厳しく、新たに再稼働を果たしたプラントは2年連続でゼロでした。一方で、青森県六ケ所村の再処理工場やMOX燃料加工工場が新規制基準適合性審査に合格するなどバックエンド分野で大きな進展が見られました。高レベル放射性廃棄物に関しては、北海道の2町村が最終処分場選定のための文献調査を受け入れ、調査が開始されたことも大きな話題となりました。


 本誌では、原子力を巡るこれらの動きをまとめて把握することができます。原子力関連企業に勤務する方はもとより、原子力の現状に関心のある方、また地域のオピニオンリーダーに対するご説明や、学習・参照用として便利にお使い頂けます。


目次
原子燃料サイクルと新規制基準の審査
高レベル放射性廃棄物と地層処分
使用済み燃料の貯蔵
新規制基準と特重施設
商業炉の審査・稼働状況
福島第一の廃炉と汚染水問題
脱炭素社会へ 原子力に着目
NEWS FLASH
この1年 原子力関連NEWS

出版物の種類から探す

FAXバナー

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

QR

ページトップへ