『季刊電力人事2019年度冬季版№229』販売中!


『弁護士に聞く電力小売営業 シーン別Q&A』は現在一時的に販売を停止しております。 

安全文化をつくる 新たな行動の実践

価格: ¥1,540 (本体 ¥1,400)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

安全文化の理解を深め、根づかせるために最適なテキスト


発行:2019年3月
原子力安全システム研究所 社会システム研究所/著
飯田裕康/監修
ISBN:978-4-905217-75-6
判型:A5判
ページ数:160ページ


企業活動に「安全文化」をしっかり根づかせることが重要だ――。
こうした主張に異論をはさむ人は少ないのではないでしょうか。


近年、どの企業も積極的に取り組む課題の一つですが、
安全文化という言葉の概念がやや抽象的でわかりにくいのも事実です。
何となくイメージはできるが、人によって受け取り方が
違っている場合も多いのではないでしょうか。


本書は、原子力安全システム研究所 社会システム研究所が
執筆した安全文化の解説書です。
安全や安全文化への理解を深めるとともに、安全と組織文化の関係、
安全文化の醸成方法などを段階的に分かりやすく解説しています。


安全文化は「安全に対する組織文化そのもの」です。
どういった考え方で、どのように行動すれば、
健全な安全文化が醸成され、企業に根づくのでしょう。
本書には全ての産業組織における安全文化を
より高めるヒントが詰まっています。


経営者、管理者、現場の作業員、それぞれの立場から読むことができ、
企業の安全推進担当の実務書や研修時の参考書などに最適です。


出版物の種類から探す

FAXバナー

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

年内発送最終日は2019年12月25日(水)になります。
25日発送終了後にご注文いただいた分は年明けの1月6日(月)より順次発送いたします。

QR

ページトップへ